スマフォ初心者による『docomo REGZAphone T-01C であそぼう!』のブログ
リンク メール 掲示板 このブログについて Twitter T01C 取扱説明書 QLOOKアクセス解析
4月 29日-Sun
[ TAG:その他, ]



駄文日記です。

私事が立てこんで時間取れにくい

リーグ戦が散々な結果で凹みっぱ

のため、しばらく放置になります。
最近はずっと放置なわけですが

環境構築の【その3】もまだ書きかけ。
そのうちアップする。たぶん。


CWMリカバリーが移植されましたね
方法のレスが投下されて

fstabとはなんぞや?というレベルのわたしなので
レグザフォンの中を見ても見当たらない、
じゃあ recoveryの中かな?→ない。 と思ってたら
キタ――(゚∀゚)――!! と。
こういう能力というか頭脳や知識を持っている人はすごい。

まだ導入はしてません。
提供されたrecoveryイメージを見たら fstabがあった。
これって、レグザフォンにもともとあるものではなくて
レグザフォン用に作成すべきものだったってことなんですかね?
xdaにあるやつの中のをレグザに合わせて書き換えるってことなの?
うん、よくわからない。

最近、マイれぐぽんがバッテリ残量をいい加減に教えてくる
いわゆる残量詐称?
充電完了してても ちょっとメール打っただけで
一気に 70%くらいまで減ったりする。
確かにクレードル充電だとすぐに充電完了するけど
なくなるのも早いんだよね。
これは発売当時から言われてることだし今更驚かない。
れぐぽんにあって然るべき一面なのだと思えば問題はない。



ブログへのコメントやメール、
掲示板への書き込みはチェックしてますので
なにかありましたらいつでもどうぞ。
わたしに出来ることは少ないのですが。

ほんとに何もかもやる気が無い。
やる気なくしてる場合じゃないのに
大丈夫って言い聞かせるしかない。
一種の宗教だ(*´・ω・)(・ω・`*) ネー



4月 20日-Fri
[ TAG:regzaphone, 自分用メモ, ]



散々既出なものばかりではありますが
あちこちの記事にとっ散らかってるのでまとめただけのもの。
追記していくかも。

ここに書いた内容が間違っている可能性は十分にあります

当ブログの管理人は
スマートフォンについても
androidについても初心者の域を出ていません

「初心者だから」というのが
すべての免罪符になるとは思っていませんが、
限界があるのも事実です。 もともとのスペックが低いのです。

他の Android情報サイトやブログなども回って
正しい情報を入手、判断してください




REGZA phone T01C 初歩的Q&A その1

REGZA phone T01c 初歩的Q&A その2

REGZA phone T01C 初歩的Q&A その3

REGZA phone T-01C 取扱説明書(ドコモ公式)
http://www.nttdocomo.co.jp/support/trouble/manual/download/t01c/index.html


root化、その後のレグザフォンへの各所変更など
すべて自己責任でおこなってください。

root化する時点で すべて自己責任 です。

root化、その後の使用状況により
有償修理すら受け付けてもらえない可能性もあります。

このブログに書いたことを実践した結果、
トラブルがあったとしても
こちらは一切責任を持ちませんし関与しません。

また、このブログは
レグザフォンの root化を奨励するものではありません。

root化手順
[設定]→[端末情報]でベースバンドバージョンを確認
最新は 5014.1906.14 (2012年4月17日現在)

ベースバンドバージョンの末尾が「11」であれば、
GingerBreakSuperOneClick で root化できます。


以下の手順で、
ベースバンドバージョン最新状態での root保持が可能

 ベースバンドバージョン 末尾が「11」であることを確認
 (「11」ではない場合、
   システムアップデートと初期化を実行する。
   初期化は『念のため』)

  ↓
 root化
  ↓
 ソフトウェア更新


※注意点
 ソフトウェア更新をする前は、
 system\ 以下をいじらない。
 (Superuser のインストールは可)

 つまり、busyboxのインストール
 frameworkまわりの変更・フォント変更
 プリインストールアプリの消去などは
 絶対にやらない。
 ソフトウェア更新に失敗し、
 完全文鎮化の可能性が大きい。
 (現状では復旧手段なし)
 busyboxインストール→ソフトウェア更新をすると
 ICロックがかかってしまう。

レグザフォンのバージョンアップ情報は
ドコモ公式サイトを参照してください
http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/product_update/list/t01c/index.html
System Update の手順
富士通の T01C REGZAページから
OSバージョンアップ用書き替えパッケージをダウンロード
http://spf.fmworld.net/update/nttdocomo/t-01c/update1/

zipファイルを解凍
 ↓
encファイルが入ったフォルダ(フォルダ名:prg)を
レグザフォンのSDカードに配置しておく
 ↓
レグザフォンの電源を落とす
(再起動ループになっている場合は
  一度、電池を外してからまた装着する)

 ↓
本体横、音量アップボタンとカメラボタンを
両方押しながら 電源ボタンを長押し。
LED が緑に点灯したら 電源ボタンのみ 離す。
 ↓

以下のような画面になるので
音量ボタンで操作し、System update を実行する



 Cansel: キャンセル
   (リカバリーモードを終了し、通常起動する)
 Factory data reset: ファクトリーリセット
              (初期化)
 System update: システムアップデート

 音量アップボタン: カーソルを上へ
 音量ダウンボタン: カーソルを下へ
 カメラボタン: 決定(実行)
 ↓
本当に実行しますか?という確認画面が出るので
yes を選択。


または、
パソコンとUSB接続して
adb shell から reboot recovery と入力しても
リカバリーモードが起動する。

  ボタンの同時押しは
  本体の蓋を外すと結構やりやすい  かも。

初期化する方法
上記のリカバリーモードから
「Factory data reset」を実行する。

または、
レグザフォンの[設定]から
[プライバシー]→[データの初期化]

システムアップデートと初期化の違い
*System update システムアップデート
 ・実行後は ベースバンドバージョンが
   5014.1906.11 になる
 ・カスタムカーネルを入れていても、
   ノーマルカーネルに戻る
 ・root権はなくなる
 ・Superuser や busybox は消える
 ・アンイストールしたプリインストールアプリは
   復活する( system\app がデフォルトに戻る)

 ・framework-res.apk など、
   system\framework 以下のファイルは
   デフォルトに戻る
 ・置き換えたフォントもデフォルトに戻る

 ・ユーザー側でインストールしたアプリ
  (マーケット・GooglePlayなどから
   インストールしたもの、data\app 内のアプリ、
   及びその設定やデータ)は保持される

 ・SPモードメールの送受信メール、
   登録済み連絡先は消えない
 ・SDカード内のデータも消えない

※とは言え、アプリやメールなどデータは
  消える可能性もあります
  バックアップは必ずとっておくこと!


*Factory reset 初期化
 ・カーネルやベースバンドバージョンに変化はない
 ・root権は保持される
 ・プリインストールアプリを
  アンインストールしていても復活しない

 ・マーケット・Google playなどから
   インストールしたアプリは消える
   ( data\app が工場出荷状態に戻る。
     アプリによっては、
     SDカードに作成・保存されたものが
     残ることもある。
     アップデートしたプリインストールアプリも
     初期状態に戻る。)

 ・Superuser、busybox は消えない
 ・framework-res.apk や
   置き換えたフォントも保持される
   (初期化は system\framework に影響しない。
     トグルスイッチを追加していても問題ない)

 ・プリインストールのアプリの設定やデータ、
   すべての設定などは工場出荷状態に戻る
 ・SPモードメールのメールや設定、データは消える
   (SDカードにコピーしたメールは消えない)

 ・登録連絡先なども消える
 ・Googleアカウントも設定が消える
   (アカウント自体が消えるわけではない)
 ・SDカードに保存されているものには影響はない


システムアップデート、初期化、どちらも
絶対にデータが消えないとは言い切れません

大切なデータはこまめにバックアップする癖をつけること。

バックアップデータはSDカードに残してしておくだけでOK?
基本的には、通常使用や初期化、
システムアップデートで SDカードにあるデータ
(写真、動画、音楽、バックアップデータ、etc)が
消えることはありませんが

トラブルでいきなりデータが消えてしまうことは
少なからずあるようです。

例えば
あるアプリをインストール、
もしくは アンイストールしたとき、
あるアプリをアップデートしたとき、
アンチウィルスアプリでSDカードをスキャンしたとき
など。

ある日突然 SDカードが故障することもありえます。
SDカード自体が壊れてしまうと
データを復旧させることが絶望的です。

大切なデータはコピーをして
別のSDカードやパソコンに保存しておくことをおすすめします。

また、クラウドサービスを
活用するのもいいでしょう。

 Box -(アプリ)
 Dropbox -(アプリ)
 Yahoo!ボックス -(アプリ)
 SkyDrive -(非公式アプリ)
 drivee -(連携可能クライアントアプリ)
 SugarSync -(アプリ)
 Zumodrive -(アプリ)

その他、ファイラーアプリでも
各種クラウドと連携できるものがあります
(ESファイルエクスプローラー、FileExport など)

個人情報、プライベートなファイルの流出には
充分に気をつけること。
・ログインパスワードをしっかり管理する
・ブラウザやアプリでログインしたままにしない
 (必ずログアウトする、
   IDやパスワードを記憶させない)
・安易に公開設定にしない

自動同期のような設定にしておくと
便利な半面、レグザフォン(SDカード)側で消去したものが
クラウド側でも消去されてしまったりします。

サービスそれぞれの使用方法や注意点は
きちんと確認すること。

簡単なバックアップ法のひとつとして、
保存しておきたいものを
「自分宛てにメールする」というのもあります。

自分の Gmailアドレスに
添付ファイルとして送信するだけ。
Gmail だけに限らず、
Yahoo、goo、Hotmail などのウェブメールサービスでも可。

Googleアカウントは
一人で複数持つことが可能なので、
バックアップ用 Gmail を用意しておくのもいいかもしれません。

busybox のインストール先
system\bin,system\xbin どちらでも可。

もともと、どちらにもパスが通るようです
 ※カーネルに格納されている init.rc に
   以下の記述があります

export PATH /sbin:/system/sbin:/system/bin:/system/xbin

system\xbin は、もとからあるものではありません。
必要に応じて自分で作成したりしてください。

ICロックがかかったときは
ソフトウェア更新前に
busybox をインストールしたりしていると
「おサイフケータイが改ざんされました」と警告が出て
ICロックがかかることがあります。

現状では、システムアップデートを実行以外に解決法がありません。

ソフトウェア更新適用後も
root状態で使用したいときは
BB11 で root化→ソフトウェア更新 を行う。
『ソフトウェア更新前は system\以下はいじらない』を厳守。

Titanium Backup でバックアップしておいたプリインストールアプリがレストア出来ない
プリインストールアプリは
バックアップを残していたとしても
復元できないケースが多いようです。

アンインストールではなく、「凍結」にしておいた方が無難。

既にアンインストールしてしまっていて、
復元させたいならシステムアップデート。

プリインストールアプリを削除すると
レグザフォンの動作自体に影響が出ることもあるので
充分に気をつける。

アンインストール、凍結をする前に
apkファイル(odexがあるならそれも)をコピーして
残しておくといいかも。

初期設定で登録した Googleアカウントを変更したい
本体初期化でしか 初期登録アカウントの削除・変更はできない。

再起動ループからの回復
カーネル内のファイル、default.prop で
ro.secure=0 となっているものは
再起動ループに陥っても
以下のコマンドを実行することでループ停止が可能。
docomoロゴが出たあたりでコマンドを送ってやる
adb wait-for-device shell stop
ループが止まったら、
再起動ループに陥った原因のファイルなどを元のものに戻し、再起動。
reboot
※376氏提供のカスタムカーネルは「ro.secure=0」です※

ファイルの差し替えなどに失敗しても、
docomoロゴまで進むのであれば
この方法で戻せるケースが多い。

REGZAロゴまでにしかいかない、
または 防水注意画面から進まない場合は
おとなしくシステムアップデートを。

ro.secure=0 のカーネルは、
adb shell ですぐに # が出る。

端末エミュレータでは
id
と入力
uid=0(root) gid=0(root) と出るなら ro.secure=0

Gingerbreak,zergRush がウィルスと検出される
当然です。
root奪取アプリは Android OS の脆弱性をつくようなものなので
「悪意のあるアプリ」と認定されて当たり前。

気になるなら使わない。
(どっちを『使わない』かは個人の選択)

パソコンでも
SuperOneClick がマルウェアとして引っかかることも。
SuperOneClick というか、
同梱されている zergRush とかが、ですけど。

※当ブログ管理人の思い込みに偏って書いている部分が大きいです
※不適切なアプリ、マルウェアとして検出されることは明白ですが
  後日、書きなおすかもしれません。 ご迷惑をおかけします。


SDカードにインストールしてあるアプリのアップデートに失敗する
471 SIM無しさん [sage]:2012/04/19(木) 12:05:25
  PCに繋いで、SDの中を覗いて
  \.android_secure\smdl2tmp1.asec
  ってのがあったら削除する。

.android_secure は隠しフォルダらしいので
レグザフォン側からは
ファイラーアプリで表示されない可能性があります。
(Root Explorer などなら見える)

レグザフォン内の容量も問題ないのに
アプリがインストール出来ないときのトラブルも
この「smdl2tmp1.asec」を削除することで
解決するケースがあるようです。

※「smdl2tmp1.asec」を削除する前に
  一応、リネームするなりして
  バックアップを残しておいた方がいいかも。




間違っているところがあったらご指摘お願いしますm(__)m

SDカードに移動させたアプリのアプデの云々は
質問スレにあったのが役立ちそうだったので拝借しました。
わたしはあまりSDカードにアプリ入れてないんだけど
のちのち躓くかもしれない。
ありがとうございました。



ネタもないので更新は滞っております。

Superuser → SuperSU はしました。

こちらの記事を参考に実行。
 新しい Superuser SuperSU【Android Hacking】
 Google Play:SuperSU

いまのところ、不具合もなく。
Superuser はチタでアンインストールしたけど問題なし。

Superuser でも、バイナリ更新しなくてもトラブルなく使えてたし
Supersu への以降が必須なわけでもなかったけれど。


BB14 にはしておらず 13のまま。
これで簡易文鎮化してしまったら 13ともお別れになるけれども

4月4日のソフトウェア更新後、
富士通のほうでソース公開されてないってことは
そのあたりに変更はなかったってことなんですかね?
14にしないとだめな状況になったら
ほっぽってた トグルの以降に再チャレンジしてみる・・かもしれない

13を永続させるために尽力します。



4月 8日-Sun



【その2】 必要なものをそろえる

※なにも分からないまま進めた経過を書いただけのメモ
カーネルのビルド環境構築 【1】


Ubuntu アップデート、
VMware player Tools のインストールのあとは
ビルドに必要なものを揃える の一歩目。

・ツール群
・JDK
・SDK




■はじめに

端末(Windows のコマンドプロンプトみたいなもの) の使い勝手を
ちょっと向上させるために 以下を実行
sudo apt-get install nautilus-open-terminal

実行したあと、Ubuntu を再起動。
これで、右クリックメニューに「端末の中で開く」が追加される。


  Windows で シフトキー+右クリックから
   「コマンドウィンドウをここで開く」と同じですね
参考:右クリックメニューからターミナルを起動 : 実験小屋+


  sudo コマンドは、実行の際にパスワードを求められる。
  パスワードを入力しても 画面には文字列や * とかは表れない。
  けど ちゃんと入力すれば通る。
  このパスワード入力が Ubuntu 11.04 ではできなくて困った。
  (正確に入力しても もっかい入力しろ!って怒られる)
  いろいろ試したけど解決できなかったので
  Ubuntuのバージョンを 10.04にした。。。





■ツール群をインストール


端末を開いて以下を実行

sudo apt-get -y install git-core gnupg flex bison gperf libsdl-devlibesd0-dev libwxgtk2.6-dev build-essential zip curl libncurses5-dev zlib1g-devvalgrind g++

  カーネルをビルドするだけなら
  上記では不要なものがあったり必要なものがなかったりするのかも。
  まぁ、必要なツールがないときは
  「○○がインストールされてないけど、今インスコする?」
  とか出てくるので その都度なんとかしていく。



■JDKをインストール

froyo では JDK 5 が必要らしい。

Oracle のサイトからダウンロードした。(登録が必要)
http://www.oracle.com/technetwork/java/javasebusiness/downloads/java-archive-downloads-javase5-419410.html

jdk-1_5_0_22-linux-i586.bin を適当な場所に移動。
わたしは lib フォルダに入れました。

lib で端末を開く。

実行権を変更する
sudo chmod a+x jdk-1_5_0_22-linux-i586.bin


インストール
sudo ./jdk-1_5_0_22-linux-i586.bin



インストールが終わったら、PATH設定をする。

home に移動して、 bashrc という設定ファイルを開く
cd /

gedit ~/.bashrc


書かれているものは消したりせずに、
最後尾に以下を追加記述。

 JAVA_HOME=~/lib/jdk1.5.0_22
 PATH=$PATH:$JAVA_HOME/bin
 export JAVA_HOME PATH


開いている gedit(テキストエディタ)を上書き保存して閉じる。


以下を実行して読み込ませる。
source ~/.bashrc


PATH の確認
echo $PATH

「/jdk1.5.0_22/bin」に通っていることを確認。


  ユーザ名 akane っていうのは
  Ubuntuインストールのときに らんま1/2を読みながらだったから。
  それだけです。
  いちばん好きなキャラはパンスト太郎です。




■SDKのインストール

SDKのインストールは ビルドには必須ではない(と思う。)

でも レグザフォンをつなげて adbであれやこれやしたかったので
いちおう使えるようにしておく。


SDKをダウンロード。 Linux用のやつ。
http://developer.android.com/sdk/


展開
tar zxvf android-sdk_r17-linux.tgz


わたしは lib に展開しました。
(フォルダは android-sdk にリネーム)


http://developer.android.com/sdk/installing.html
に書かれているとおりに、
tools フォルダに入って 端末を起動
android
と入力。


SDKマネージャが立ち上がるので、必要なものにチェックを入れる。



  エミュレータなどを使うならバージョンを選択。

  わたしはエミュレータとかいらないので
  ツールだけを選択してダウンロードした。


ダウンロードとインストールが終わったら、
とりあえず PATHを通しておく。

home に移動して端末から bashrc を開く
cd /
gedit ~/.bashrc



tools に PATHを通しておくため、以下を追加記述。

 ANDROID_SDK_HOME=~/lib/android-sdk
 PATH=$PATH:$ANDROID_SDK_HOME/tools
 export ANDROID_SDK_HOME PATH


保存したら、 bashrc の内容を反映させる。
source ~/.bashrc


ここで一度 Ubuntuを再起動。


マイれぐぽんを認識させる。

android-sdk/platform-tools (adb があるフォルダ)へ移動して
端末を起動。

USBでつなげるだけではだめらしい。
./adb devices で接続を確認すると

  List of devices attached
  ????????????  no permissions
と出てしまう。


  ./adb shell も 権限がねぇよ!って言われる。

もちろん、レグザフォン側で USBデバッグにチェックは入れている。


レグザフォンをUSBでつなぎ、端末で以下を実行
lsusb



Bus 001 Devices 002: ID 0930:0d85 Toshiba Corp.

ここに出てきた、”0930”が
レグザフォンの ベンダーID?(idVendor)とかいうものらしい。

  このリストに「Toshiba 0930」ってありますね
http://developer.android.com/guide/developing/device.html#VendorIds



gedit(テキストエディタ)を開き、

SUBSYSTEM=="usb", ATTR{idVendor}=="0930", MODE="0666", GROUP="plugdev"

と記述して 51-android.rules という名前をつけて保存。


これを、/etc/udev/rules.d/ に置く。

けど、簡単に移動(ドラッグアンドドロップ)は出来ない。
Root権限がないと編集できない場所らしい> /etc/udev/rules.d

なので、Root権限でフォルダを開く。以下を実行
sudo nautilus /etc/udev/rules.d


ファイルブラウザが表示されるので、作成しておいた 51-android.rules を配置。



ファイルブラウザを閉じる。

一度、Ubuntuを再起動。



Ubuntuを起動したら、レグザフォンをUSB接続して
platform-tools フォルダで端末を開く。

確認
./adb devices





認識してくれない場合、一度サーバを kill してからやり直してみる。

./adb kill-server

sudo ./adb start-server




SDKのインストールと設定 終わり。





つづく。

カーネルのビルド環境構築 【1】




うまくまとめられず、長々と書いていてすみません。
自分用のメモでしかないので、
間違っている箇所もあるかもしれないです。
(どっかヘンなとこあったら助言いただけると嬉しいです)

後日、ゼロから構築しなおしてみます。

フォルダ じゃなくて
ディレクトリ って言った方がいいのかな…




ソフトウェア更新があったみたいだけど
今のところ完全スルー状態。
初期化してシステムアップデートして・・の手順を踏む気力がない。
まだリーグで勝ててないんで。。。(´;ω;`)


現状のマイれぐぽんに不満もないので
更新する必要性も感じられないし。



★最新記事
★タグ一覧
regzaphone... (43)
アプリ... (78)
スクリーンショット... (14)
ツール... (28)
ホーム画面... (14)
壁紙... (12)
着信音... (4)
要root... (57)
カスタム... (38)
入れてみた... (41)
接続... (2)
音楽... (8)
BWスキン... (2)
google... (9)
Metamorph... (8)
Twitter... (2)
UOHkitchen... (5)
こまごま... (5)
その他... (57)
アップデート... (8)
ウィジェット... (26)
ゲーム... (1)
サッカー... (6)
セキュリティ... (5)
ニュース... (1)
メール... (5)
ランチャー... (1)
動画... (2)
自分用メモ... (34)
chronotopia... (4)
環境構築... (2)

壁紙ギャラリー
★月別アーカイブ
March_2013... (1)
November_2012... (1)
October_2012... (1)
June_2012... (3)
April_2012... (4)
March_2012... (7)
February_2012... (8)
January_2012... (8)
December_2011... (4)
November_2011... (8)
October_2011... (5)
September_2011... (11)
August_2011... (7)
July_2011... (10)
June_2011... (24)
May_2011... (22)
April_2011... (16)
March_2011... (20)
February_2011... (26)
January_2011... (35)
December_2010... (2)
★コメントThank you!
marimo... 1/20
管理人... 1/13
dmc... 1/7
管理人... 12/5
ゆうたぱぱ... 12/4
管理人... 12/2
とーちゃん... 12/2


ばじとうふう
 ...本家ブログ。アルビ愛
にほんブログ村
 ...ランキングに参加しています


QLOOK BLOG

RSS/ ATOM